東日本部会のお知らせ
西日本部会のお知らせ
  東日本部会のお知らせ
  2018年度 東日本部会
日時:2018年12月8日(土) 15:00~
場所:明治学院大学白金校舎 1315教室、キリスト教研究所
研究発表1 15:00~15:45
五十嵐喜和
「日本基督教会における「樺太伝道」について」
研究発表2 15:55~16:40
岩倉依子
「16世紀後半帝国都市ウルムにおける市当局と教会 ―ルター派移行期の宗教化―(仮)」
研究発表3 16:50~17:35
大西晴樹
「王政復古期非国教徒指導者W・キッフィンとジョン・ロックの関係 ―交友・取引関係の記録―」
祝 会 18:00~19:30 (キリスト教研究所)
※ 参加申込み 東日本部会に参加される方は、右ボタンから参加申込みをしてください。 
  2017年度 東日本部会
日時:2017年12月9日(土) 15:00~<終了しました>
場所:明治学院大学本館白金校舎 1451教室 キリスト教研究所
研究発表1 15:00~15:45
内藤 幹生
「明治初期長崎近郊におけるキリシタンの信仰と村社会 ―禁教高札撤去後も続くキリシタン問題―」
研究発表2 15:50~16:35
吉馴 明子
「ファミリーヒストリーから語る美濃ミッション事件」
講演 16:50~18:20
野々瀬 浩司
「ドイツにおける宗教改革と農村社会 ―ペーター・ブリックレの「共同体宗教改革論」をめぐって―」
祝会 18:40~22:00 (明治学院大学キリスト教研究所)
  2016年度以前の東日本部会(2010年度~) ・ 関東部会(~2009年度)
 開催日 開催場所 報告・研究発表・講演等
  西日本部会のお知らせ
  2018年度 西日本部会 (第12回)
日時:2018年3月3日(土) 14:00 ~ 18:00    <終了しました>
場所:関西学院大学 大阪梅田キャンパス 14階 1406教室
開会の辞     理事 木ノ脇 悦郎
研究発表 1
1. 統計から見た日本バプテスト東部組合  学校法人西南学院
松岡 正樹
2. 魚木忠一の「日本基督教」の方法論について   李 元重
研究発表 2
3.史実を信仰の名で曲げられるか―日本二十六聖人長崎の道から 総合研究大学院大学国際日本文化研究
高橋 勝幸
4. 牧師夫人の働き―上州の例 大阪商業大学
片野 真佐子
研究発表 3
5.Douglas Murray “The strange Death of Europe -Immigration,Identity,Islam-”
  を読んで
綱島 郁子
6. 南インド教会の合同過程における聖公会の対応 同志社大学大学院神学研究科
加藤 俊英
7. 中国近世の「教」と「会」―「エクレシア」はなぜ「教会」と訳されたのか 関西学院大学
桐藤 薫
講 演 「M.ルターのBerufという言葉について」 キリスト教史学会会員
大村 眞澄
  2017年度 西日本部会 (第11回)
日時:2017年3月4日(土) 14:00 ~ 18:00    <終了しました>
場所:関西学院大学 大阪梅田キャンパス 10階 1005教室
研究発表 1
1. 座古愛子のキリスト教理解と信徒伝道 座古の後期著作を中心に 関西学院大学
岩野 祐介
2. 海老名弾正の植民地理解 –吉野作造・石川三四郎との比較を中心に- 京都大学
洪 伊杓
研究発表 2
3. マテオ・リッチの適応主義の現代的意義  南山宗教文化研究所
高橋 勝幸
講 演 「海老名弾正のキリスト教受容」 神戸市外国語大学名誉教授
關岡 一成
  2016年度以前の西日本部会(2008年度~) ・ 関西部会(2007年度)
 開催日 開催場所 研究発表・講演等

大会情報

学会誌

学会刊行物



ホーム 学会概要 学会の歴史 入会案内 リンク 大会情報
学会誌 学会刊行物 部 会 会員の研究紹介 リレーエッセイ サイトマップ
事務局 〒231-0023 横浜市中区山下町194‐502 (有)学協会サポートセンター内 お問い合わせはこちら

Copyright ©  キリスト教史学会 All Rights Reserved.